ビッグバン現象から見る宇宙の幕開け!

ビッグバンセオリーにおいては今からおおむね137億年前に宇宙は作られたと公表されています。宇宙幕開け今までは空間もエネルギーもない「無」のまんました。

時間の考え方が見られないため宇宙の歴史はこれよりもっと遡ることなど不可能です。

しかしながら、これはその名の通り何もなかったという事ではなく、プラスとマイナスの素粒子が調整し合って空っぽになっているみたいな状態でした。

結局のところ、結局「無」と化しているだけで素粒子はありますので、絶えることなく「できあがっては消えて」を何度も行っていたのです。

永続的にも継続していくように推定されるこの「無」状態ですが、極めて小さい確率であるときバランス状態を崩してました。

これが宇宙の幕開けです。

コンプレックスから解放されたい

ようこそ!おこしくださいました! 心の癒しと宇宙へ!!   
私たちは無限な大宇宙の中に生かされています。

この大宇宙の中で生きていくには宇宙の法則に類似した生き方をすることが、大切なことなのです。私たち人間は小宇宙なのです。

心の癒しは、自分の思い、行い、話し言葉、が自然の生き方に添っているのか、と常に判断できる心の状態でいたいと思う今日この頃です。

まず私たち自分自の心を癒すことが出来れば、他の人々を癒し始めるのです。

心の悩み、愛の悩み、体の悩み、家族の悩み等、心の癒しのお手伝いが出来ればまた、お役に立てれば幸いです。さあ!心の癒しの神秘へ出かけましょう !!

私たち人類は宇宙の法則に基づいて生かされています。
私たちは不思議もなく自由に生活が出来、自由の中で暮らしています。
この大きい、無限な宇宙には法則があるのです。

人間は、成功、調和、幸福、健康、自信、豊かさ、を考え感じそれを意識しなくてはいけません。

何故なら 『人間は自分が思うとおりの人間になる』からです。

心に刻まれたものしか実現しません。

この人生の中で体験する事はその全てが私たち自分自身の思いが原因なのです。
その思いの原因を自分の人生の結果として、狂いもなく完璧に狩り取る事が宇宙に生かされている人間の宇宙の法則です。

自分の思いを改善する事でいつでも人生を改善できるのです。

死後の癒しとは?喪中ハガキでわかるあなたの人生

自分が亡くなった後の世界というのはこれは誰も分からないわけです。ですがそこで心の癒しをえられるとすれば、やはり生きているうちの現実世界で自分が愛されたということが最低条件になるのではないでしょうか。

対象は誰でもいいですが家族や友達から愛された人生を送った方は、亡くなった後でも非常にもったいないと思われてお葬式や喪中はがきもとっても丁寧にやってくれるはずです。あなたはそういう人生を今送っていますでしょうか?

私も何か友人を亡くしていますが皆さん家族から喪中はがきは非常に手の込んだものが届きます。地味なよくある喪中ハガキではなく、デザイン的にもちょっと凝っておりその故人だからこそを思わせる内容のものを家族の方がしっかり考えて作っているんですよね。今は喪中はがき 安いというところでもデザインまでしっかりしており、故人の趣味志向を表現できるところも多いです。もし周りで喪中ハガキを出す時期の方がいる場合は、そういうのをちょっと調べて作ってみると故人を偲ぶのにちょうどいいかもしれませんよ!